New Bookmark フォロー ログイン アカウント登録

「ターミネーター最新作」が世界中でコケた理由 | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

https://toyokeizai.net/articles/-/316541



おそらく、彼はもう戻ってこない。『ターミネーター/ニュー・フェイト』は、作り手の期待からはほど遠い、新たな運命を決定づけてしまった。今作は、生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作とストーリーを担…